So-net無料ブログ作成
検索選択
圧倒的な効果が出た心理療法/脳内プログラム ブログトップ

魔法の域に達してきたトランス呼吸法 [圧倒的な効果が出た心理療法/脳内プログラム]

毎日暑いな。しかし秋になるとこの暑さが恋しくなる。[晴れ] 

さて、昔から比べ、かなり経験がない人でも、体が固い人でも、自分の呼吸法だけで、時間的概念を忘れたり、強烈な快感[いい気分(温泉)]や変性意識を味わえたりしている。
これは、最初岩波さんからもらうゆっくり深呼吸のCD[るんるん]ではなりようがないし(心地よい変性意識には入れる)、インパクトが大だ。

これをここ数ヶ月でどんどん進化〔深化〕させているから、面白い現象が起きているらしい。
岩波さんから聞いた話によると、昔は体が硬かったら、意識なんか飛ばないし、変性意識にも入れない。当然心地よさや快感も味わえないし、逆に胃に負担が来たりする。
でも、新しくつくられている一連のトランス呼吸法は、自力で再起に意識が飛んで、体が緩まないとか、体がものすごくベロベロに緩むが、頭の意識は飛ばない、時間的概念をちゃんと覚えているという現象が起きているという。

呼吸が深化している人は、両方とも凄い経験をするわけだが、体が硬いとやっぱり体が柔らかくなる前に頭だけが先走って、意識が飛んでいたりする。
このとき、どちらにしても、頭をぶつけるのが危ないから、ちゃんとソファー布団クッションを用意して、家で励もう!
これで、体が硬さがとれたら、とんでもなくぶっ飛んだりする。
俺の経験から確実だし、そのためにはストレッチをしっかりやるべき。
肩胛骨や肩、首の筋を入念にのばしておこう。

いずれにせよ、最初からだがガチガチな人でも、ちょっとのトランス呼吸法で、違う世界を体感できるから、努力をしなくていいと思ってしまうかもしれん。
それは違う![むかっ(怒り)][パンチ]
前より効率的に凄くなってきているとは言え、毎日呼吸法をやった方が絶対いい。
あと、意識をとばそうと思わないことだ。
意識が飛ぶなんてことは、普通あり得ないことなんだから、ただガムシャラにやっていたらいい。
そしたら、いつのまにか飛んでいる。

まるで「ジョジョの奇妙な冒険」の第五部のボス「キング・クリムゾン」のスタンドのように、意識が飛んでいる間、時間が切り取られている感覚だ。
「あれ、おれは何しているだ? どこにいるんだ?」
このとき脳はいい意味で混乱している。
その時が、変性意識が強烈に深まるチャンスだ。
ただし、体が硬いとまだ意識が飛んでも、味わえないかもしれない。

そういう意味じゃ、頭と体、両方とも条件付けしていくために、毎日呼吸法、体の固い人はストレッチをやるのが必須だ。
昔と比べて魔法の域に達してきていると思う。[ー(長音記号2)]


コメント(1) 
共通テーマ:健康

はじめて立ってやる呼吸法にチャレンジ [圧倒的な効果が出た心理療法/脳内プログラム]

岩波さんの教えてくれる呼吸法は色んな種類がある。
反って息を止める呼吸法で意識を吹っ飛ばすとか、とにかく絞り出す呼吸法とか、常識を外れているけど、効果的なものがある。
で、今回大阪で立ってやる呼吸法を薦めていた。

普通背筋を伸ばして座ってやる呼吸法だけど、今回は「立って絞り出す呼吸法」を教えてもらった。
吐き出す時に両腕で拍子を取ってとにかく絞り出す。
それを何度も繰り返した。

 立ってやることは初めてだったから、新鮮そのものだ。
岩波さんが言うには「座るよりも立ってやるほうが、おなかで息をせき止めないからとてもいいぞ」と言っていた。
座って絞り出そうとすると、考えてみるとたしかにおなかが負担になっているかもしれない。
背筋をピンと伸ばしておなかに負担がこないようにすればあるいはいいかもしれないけど、立ってやると全身ではき出せる感覚になる。

絞り出す力が上半身だけだったのが、全身で踏ん張れるからいい質の呼吸法になるのかもしれない。
効果もとてもよく出た。
立ってやるとどうしても意識が飛んだ時に頭をぶつけて危ないけど、岩波さんの目の前で座布団を念のため敷いてやったから、安心して取り組めた。
全身で息を吐き出せる感覚で、「おお、いい感じだ」と思った。
「よし、もっともっと自分を追いこむぜ!」と気を取り直して続けていたら、すぐに立っていられない感覚になった。
そのときに岩波さんが暗示を入れてくれた。
「急にすとんと力がぬける!」
あっとういう間に全身リラックス感で横たわっていた。
「うわ、すげえ」と思いながらリラックス感に浸っていた。

岩波さんのつくるリラックス感はとてもダイナミックだ。
静寂とリラックスはイコールだと思うかもしれないが、実はダイナミックな感覚のリラックスもある。
静寂は雑念が生まれるけど、岩波さんのつくるそれはダイナミックさに打ちのめされた感覚だから、雑念も入り込まず、無に近い状態で浸れる。

岩波さんが言うには立ってやる呼吸法でみんな進歩するようになったとのことだ。
ただし、家で一人でやる時はたってやったらダメとのこと。
俺もそう思う。
自分で立ってやる呼吸法をして、立っていられなくなったから。
高いイスに座って、止める呼吸法で意識を一瞬失ってしまって頭をぶつけた人も多いそうだ。
立つ呼吸法がしっくり行く人は布団クッションをそこらへんに配置して、ふらふらになって倒れても大丈夫なようにしないとやっちゃだめかもしれない。
それか、変性意識状態が深まるまである程度やって、あとは座ってやればいいかも。
やばいなと思ったら、すぐ座って続ければいい。

これはある程度呼吸法が進んでいる人向けだから、なかなか呼吸法で効果が出ない人は焦る必要はない。
人が進んでいるのを見て、どうしようと不安になる人が多いと思うし。
人が進んでいるのを見て「俺も頑張るぜ!」と刺激を受ける人と、上に書いた人の二種類がいると思う。
俺はどちらかというと刺激を受けるけど、「私だけダメだったらどうしよう」と思う人の気持ちもわからなくもない。
だから、焦る必要はないと言いたい。
焦りはますます焦りしか呼ばないから。

こつこつ一歩一歩ガムシャラに進めばいいと思う。
そして強くなるしかないと思う。


コメント(1) 
共通テーマ:健康

呼吸法での反省 [圧倒的な効果が出た心理療法/脳内プログラム]

呼吸法はコツを掴んだら、その後は自力で変性意識というやつに入れる。[ダッシュ(走り出すさま)]
が、変性意識になまじっか入れてしまう時、知らず知らず呼吸法に期待を持ってしまった。

大阪の岩波さんの事務所に行ったあと、家での呼吸法の訓練も調子が良かった。
精神的にも調子にのっていた。[右斜め上]
昔苦労していた時と比べ、精神的な変化がすぐ呼吸で引っ張り出された。

「けっこう余裕じゃん」と調子こいていたら、やっぱり人生うまくいかない。
いくら呼吸しても、ただ時間[時計]だけが過ぎていった。時間が気になったり、同じ姿勢でいることで体が痛くなったり、集中力もなくなった。[バッド(下向き矢印)]

ちょっと前までは呼吸一つ一つに意味があったのに、ただ吸って吐くだけになった。
おかしいぞ、と自分を分析していたら、やっぱり原因は「期待」をしていたことだった。

呼吸法が進む人は、みな同じ失敗をするらしい。
呼吸法で変化が味わえるから、意識的に変えてやろうとしてしまうのだ。[ひらめき]

常に気持ちをリセットして呼吸法をすべきだ。
それが功を奏し、また呼吸法が上手くいくようになった。[手(チョキ)]

また次はどうなるかわからない。期待をして無理矢理変性意識になろうとする俺がいるかもしれぬ。だから常に気持ちをリセットし、初心に返るべき。[0]

変性意識に入れる脳みそになったのは確かだから、あとは取り組み方だけだ。

だから、呼吸法がうまくいかない人は、呼吸法に意味を求めすぎていると思う。[イベント]
求めない方が上手くいくのだ。

あとは量をこなさないとわからないこともある。
もし効率よく時間をとらないで呼吸法をしようと思っていたら、どうしても期待をしてしまう。

人間の煩悩だからしょうがないが、そんな自分を捨てるべき。

捨てられない人間は割り切りがつかず悩みに取り憑かれるだけと岩波さんが言っていた。それ以来執着せず、依存せず、捨てられる人間になろうと努力してる。


コメント(1) 
共通テーマ:健康

考えるな! 感じろ! [圧倒的な効果が出た心理療法/脳内プログラム]

ブルース・リーの映画[映画]で永遠に語り継がれるであろう名台詞がある。

Don't Think. Feeeeeeeeeeeeel!

考えるな、感じるんだ! という特にブルース・リーがこぶしをきかせて弟子に行った言葉だ。
「燃えよ、ドラゴン[どんっ(衝撃)]という映画だったかな。
個人的には「ドラゴン 怒りの鉄拳[パンチ]のほうが好きだ。

考えることは、悩みを引き寄せ、強化させ、泥沼にはまらせる一番愚かしいことだと最近気づいてきた。
考えることで解決することなんか何にもないとわかった。

俺はあがり症で、ある場面になるとヘタレとなってしまう。
今はだいぶ改善されてきているが、考えている自分に気づくことがある。
考えてあがり症を解決しようと勝手に考えてしまっている。

これがどういう悲惨な結果に終わってきたか。
予期不安をさらに増長させ、あがってしまった後は、くよくよとその時のことを考えている。
人間関係でも行き詰まっている時は、相手に対して考えてしまっている。
だからぎこちなくなったし、逆に自分というものを発揮できている時は考えていない。

ただ感じて生きているだけだ!!!![黒ハート]

考えて生きていなくても、五感を持ち合わせている人間は、ちゃんと脳の中で情報を処理しているだろう。
しかし、無駄な思考を積み重ねることをすることで生まれることは、失敗することへの恐怖やどう思われるだろうかという予測、どうすれば危険を回避できるかという不埒な考え、あのときどう思われたか、変に思われただろうかということだけ。

無駄な思考だけだったらまだいい。俺のこれらの思考は、決心を鈍らせ、行動をさせなくなり、いつまでも割り切れない結果に終わっている。
俺の悩みのルーツ分析をすすめていたら、くだらないことばっかりにとらわれている自分に改めて気づいた。
クソくらえだとおもった。
何という自分を追いつめることばっかりしていたのだろうか。
岩波英知さんの言われる「馬鹿になれ」という言葉はこういうことを言っていたのだ[exclamation×2]

普段から考える自分を徹底的に打ちのめしていくべきだと思った。
どなたかの悩み克服体験記を読んでいる時に、「結果が出ないことを考えているのは無駄であり、悩む温床になる」という文章があった。
今になってそういうことだったのかと思った。

人間としてさらに成長するためには、考えることを捨てなければいけない。
なぜ考えるかというと自分を守る為なのだ。で、守ることができていない。
(これも人の受け売りだが、まさにそのとおりだ)
危険を予測し、回避することばっかり考えていると、常にどっぷり悩みの思考に使っていることになる。
これこそ危険だ。[左斜め下]

神経症というものは、やっぱり自分で作り上げているものだと思う。
自分で追いつめている考えをしていないか気づくことが、悩み解消の第一歩だ。[グッド(上向き矢印)]

マイナス思考で考えていると、生まれる思考は、悩みと闇の思考だけだった。
では、プラス思考の人間なら、生み出される思考もプラスだろうか?
そういう人でも考えすぎると、きっと自分を守ろうとする不埒な考えになるだろう。

もう守りの姿勢は嫌だ。つくづく腹が立ってきた。自分にだ。
しかし変な劣等感を持った腹立ちではなく、「やるぞ」という決意が生まれる腹立たしさだ。
モチベーションもか成り上がっている。そういう自分が気持ちいいと感じる。

しかし、ここでまた無駄な思考をしてしまうと、元の木阿弥に戻ることも知っている。
考えていない時の状態ほど気持ちいいものはない。

もし憂鬱な気分の人がいるなら、必ずその人は考えている。
決して結果のでない思考を積み重ねているに過ぎない。
憂鬱は思考が生み出しているのだ。
考えていないときは、憂鬱じゃないのだ。

ここに悩み解決するヒントがあるだろう。[パンチ]
コメント(2) 
共通テーマ:スポーツ
圧倒的な効果が出た心理療法/脳内プログラム ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。